英語 教材 自宅学習

幼児向け英語教材、何を選ぶ?気軽に始められる教材あります!

幼児,英語,教材,自宅学習

お子さんに自宅で英語を学ばせたい!という方向けに、多くの英語教材が販売されています。

 

高価な英語教材セットから、CDやDVD、カードや本など単品での教材まで非常に幅広く販売されています。

 

高価な教材は、内容は充実していて確かに魅力的だけど、やっぱりちょっと手が出ない・・・という方でも、気軽に始められる教材からお子さんと英語を試してみてはどうでしょうか。

 

 

今、注目の教材「英語ペン」「音ペン」

幼児,英語,教材,自宅学習

英語の教材といえば、主にCD、DVDやカード、絵本などが浮かびますよね。
最近人気の教材に「英語ペン」「音ペン」と呼ばれる英語学習ツールがあります。

 

KUMONの英語教材「E-Pencil」(イーペンシル)に見られるような、音声の出るペンタイプの英語教材です。

 

イラストにペン先をあてると、ネイティブの発音で英語が聞こえてくるので、それを聞きながら声に出していきます。

 

低年齢児でも、イラストを見ながらペンをあてるだけなので、おもちゃで遊ぶ感覚で自ら進んで教材に取り組むことができます。

 

 

英語教材セットでも「えいごペン」が人気

幼児,英語,教材,自宅学習

Eテレの番組でおなじみのキャラクターが登場する、幼児向けの英語教材セット「えいごであそぼPLANET」でも「えいごペン」が人気です。

 

「えいごペン」は約4500音声収録されていて、録音機能もついています。
録音機能は、自分が言う英語や歌を録音し聞くことができ、子どもも喜んで使うので、オススメの機能です。
絵本や絵辞典、カードなどの教材と一緒に使用できて、遊び感覚で楽しく英語に親しむことができます。

 

また子どもが使用するものはすぐ壊してしまう可能性があるので、この教材でも修理や交換のサポートがあります。
他の教材でも、子どもが乱暴に扱ってペン先がすぐだめになってしまった・・・というケースもあるようですし、購入後の修理や交換などができるか、教材を検討する際に確認しておきましょう。

 

 

英語の「絵辞典」が楽しい!

幼児,英語,教材,自宅学習

英語の辞典、というと、幼児にはまだまだ縁遠い感じがしますよね。
でも絵本のような、英語の「絵辞典」は幼児からでも充分楽しめます。

 

実際、息子が通っている英会話教室でもそろそろ辞書は必要?こどもでも使えるオススメがあれば教えて欲しい、と尋ねたら、辞書より絵辞典、と薦められたことがありました。

 

絵辞典はイラストや写真がたくさんついているので、お子さんが見ているだけでも楽しめます。
慣れてきたら、“What’s this?”や“Where is the apple?”などクイズ形式にして、親子で楽しく英語遊びもできます。

 

セット販売の教材は高額すぎて・・・という方には単品で購入できる絵辞典が多く販売されています。
特に、音声ペン付属の絵辞典は、子どもが自らどんどん楽しく進んでいけるのでオススメです。

 

・ 「えいご絵じてんプレミアムセット」
ベビー&キッズ向けの「えいご絵じてん500」と「小学えいご絵じてん800」がセットになっているので、長く使用できるお得なセットです。単品での購入も可能ですので、まずはキッズ向けから試すのもいいでしょう。
「音声ペン」付属で、英単語のほかにも会話等の表現が豊富に収録されています。

 

・ 「音が出るペン付き アルクの2000語えいご絵じてん」
12歳までに身につけたい2000語が収録され、付属の「音が出るペン」で、英単語以外にも歌や会話、チャンツなどを聞くこともできるので、お子さんが楽しく使用できます。

 

 

アルファベット表や練習帳、100円ショップも活用!

幼児,英語,教材,自宅学習

英語ペン付きの絵辞典など、学習ツールはどんどん新しいものも出てきますが、基本的なものもやはり合わせて使いたいですよね。

 

アルファベット表などのポスター、アルファベットの練習帳など、実は100円ショップにも「使える英語教材」があります。

 

英語教材というと、どれにしようか高価なものは少々身構えてしまうものですが、100円位ならお試し感覚で気軽に買って試せますよね。
私も、お風呂に貼るタイプのポスターなどは何種類か購入しました。

 

また100円でも優れもの!と思ったのは、ホワイトボードペンで何回も消せて使用できるアルファベットの練習帳です。
ペンの色も何色か用意したら、楽しそうに何度も使っていました。

 

ほかにも英語を使った商品があるので、気軽に試してみましょう。

 

 

まとめ

 

・ 英語教材は、定番のCDやDVDのほかに、「英語ペン」「音ペン」と呼ばれる、音声の出るペンタイプの英語学習ツールが最近人気です。
・ 録音機能付きの音声ペンは子どもが自分の英語を聞いて楽しめるのでオススメです。
・ 万が一教材が壊れても修理や交換が可能か確認しておきましょう。
・ 幼児には「絵辞典」がオススメ!音声ペン付きを選ぶと、子どもがおもちゃ感覚で自ら取り組めます。
・ 100円ショップにも、英語を扱った商品があるので気軽に利用してみましょう。

 

英語教材は高額なものだけではありません。
身近で気軽に試せる教材から始めてみませんか?

スポンサーリンク