幼児 英語 インターナショナルスクール

幼児のインターナショナルスクール「プリスクール」ってどんなところ?

幼児,英語,インターナショナルスクール

お子さんにバイリンガル教育を、と思ってもインターナショナルスクールに通学しているご家庭はそれほど多くないと思います。

 

一部の都市にはありますが、全国的にはまだ多くなく、近くにあってもなかなか敷居が高く感じてしまうのも正直なところです。

 

あるとき、息子(当時小学校1年)の英会話教室に行くと、ネイティブ並みに外国人講師と流暢に話している、同い年の男の子がいました。

 

当初、帰国子女で英語を忘れないように通っているのかな、と思っていましたが、実は帰国子女ではなく、近所のインターナショナルスクールのプリスクールに通っていたと聞いて、あまりの違いに強い衝撃を受けました。

 

幼児期にネイティブ並みの英語力が習得できるインターナショナル・プリスクールについて見ていきましょう。

 

 

インターナショナル・プリスクールとは

幼児,英語,インターナショナルスクール

幼児が通うインターナショナルスクール、いわゆる「プリスクール」は、子どもを英語環境で保育をする施設です。

 

幼稚園などで行われるようなカリキュラムの他にも様々なプログラムを、すべて英語で行い、子ども達は「英語漬け」の生活をします。

 

英語の習得を目的として英会話教室に通うのとは少し違い、英語での生活に浸りきった状態(イマージョン)で自然に言語習得を行っていく「イマージョン教育」により、子どもは生きた英語を身につけることができるのです。

 

インターナショナル・プリスクールには
・ 小・中学校・高校があるインターナショナルスクールに併設されているスクール
・ プリスクール単独のスクール
この二つがあります。

 

後者は、メインの先生は外国人教師で、補助として日本人スタッフが入るケースも多く、インターナショナルスクールの小学校入学を目的とした予備校のような感覚で利用される方もいるようです。

 

多くのインターナショナル・プリスクールは、公的認可や助成金を受けずに独自のカリキュラムを行っていて、一般的な幼稚園や保育園に比べると、費用もかなり高額になり、都内のプリスクールでは学費が年間100万円以上のところも多いようです。

 

 

インターナショナル・プリスクールって、誰でも入れるの?

幼児,英語,インターナショナルスクール

芸能人で、お子さんをインターナショナルスクールに通わせている話もよく聞きますよね。

 

そもそもインターナショナルスクールって誰でも入学できるのでしょうか?

 

老舗インターナショナルスクールは、主に外国籍のお子さんを対象としているので日本人枠が限られる場合が多く、入学は難しいようです。

 

しかし私立のプリスクールは誰でも入学可能です。体験入学や見学会などでカリキュラムやスクールの雰囲気や教育方針等確認し、幼稚園などを選ぶようにスクールを選ぶことができます。

 

誰でも入れるプリスクールは多くなっていますが、スクールによって内容も様々です。
そこでお子さんが英語を話す環境に慣れてきているかどうか、お子さんへのご家庭でのフォローも大切なようです。

 

 

プリスクール卒園後の進路、小学校はどうする?

幼児,英語,インターナショナルスクール

インターナショナルスクールとは「主に英語により授業が行われ、外国人児童生徒を対象とする教育施設」としていましたが、現在は国際化、多様化により日本人でも入学できるスクールも増えてきました。

 

しかし日本ではインターナショナルスクールの多くは学校教育法に定められる小・中学校などとは異なり「各種学校」として見なされるため、日本の義務教育を受けたことにはならないのです。

 

そのため私が会ったインターナショナル・プリスクールに通っていた子も、公立の小学校に進みつつも、英語力を維持する為に、英会話教室やインターナショナルのアフタースクールに通わせたり、英語環境が続く工夫をしていました。

 

卒園後の進路としては
? インターナショナルスクール(小学校)へ進学
日本の高校や大学には進学が難しくなる場合が多いので、高校までインターナショナルスクールに通い、海外の大学に進学というケースが多いようです。
? 英語を強化している私立の小学校への進学
? 公立小学校への進学+英語のアフタースクールやサマースクールなどで英語環境を充実させて英語力を維持していくパターンもあります。

 

まとめ

 

・ 英語環境で保育をする「インターナショナル・プリスクール」で、英語漬けの生活の中、英語を自然に身につけることができます。
・ 多くのスクールは一般的な幼稚園よりも費用が高額になります。
・ 老舗インターナショナルスクールは入学が難しいですが、私立のプリスクールは誰でも入学可能です。
・ 小学校以降のインターナショナルスクールは日本の義務教育と見なされない場合が多いため、私立公立小学校に進学する際は、プリスクール卒園後の英語力を維持していくための工夫が必要です。

 

いずれにしてもプリスクールで得た幼児期の英語力は、その後のかけがえのない財産となるでしょう。

 

 

 

スポンサーリンク