幼児 英語 いつから

子供の「英語」いつから始める?幼児期から「英語」を始めるメリットとは

幼児,英語,早期化

最近は小学校からの英語必修化に伴い、英語の早期教育の関心が高まっています。やはり子供には早くに英語を始めた方がいい?とか、もしやうちは遅すぎた?などと感じるご家庭もあるかもしれません。

 

幼児期の英語教育はどのようなメリットがあるのか、始めるのは早い方がいい?遅いっていうこともあるのかな・・・と迷われている方、ぜひお子さんの様子をみながら、子供の「英語」を考えてみましょう。

 

 

0歳児でも英語?!英語で親子のコミュニケーション

幼児,英語,早期化

最近の英語教室はbaby classも増えてきましたね。
まだ日本語もおぼつかない1歳や0歳の子供に英語?!なんて思う方も多いと思いますが、実はその時期から、英語習得のゴールデンエイジが始まる、とも言えるでしょう。

 

赤ちゃんは毎日周りのいろいろな音をたくさん聞いて、やがて音を発するようになり、それが言葉となり、話ができるようになりますよね。
それはやはり日本語であろうと英語であろうと同様です。

 

赤ちゃんの頃から多くの英語に触れるには、やはり保護者の方との英語のコミュニケーションが基本にあります。
英語のCDを聴きながら親子で英語の歌を歌ったり、絵本も英語で読み聞かせをしたり、とご家庭でも継続して子供に英語で接するようにすることで、多くの英語をインプットしていくことができます。

 

そして赤ちゃんの耳には、やはりお母さんの声が一番効果的なのだそうです。

 

 

幼児期は言語習得のゴールデンエイジ!

幼児,英語,早期化

幼児期は聴覚が非常に優れていて、「音まね」をするのがとても上手な時期です。
5?6歳頃には人間の聴覚が完成すると言われていて、乳幼児期に英語をたくさん聞かせると、日本語では分かりにくい英語特有の音、rとlの発音の違いなどを聞き分けられるような「英語耳」の発達に役立つようです。

 

たくさんのインプットがあってこそ、やがてアウトプットができるようになります。

 

早くから英会話教室に通っているご家庭もあれば、習い事とまではいかないけれど英語のCDやテレビ等、普段からよく耳にするように工夫しているご家庭もあると思います。
どんな方法でも早い時期から英語をたくさん聴かせることは、子供の耳と脳が英語を受け入れやすくなるための土壌作りになると言えるでしょう。

 

 

幼児期は体を動かして英語を楽しもう!

幼児,英語,早期化

幼児期に入ると子供自身が英語を楽しむ時期に入ります。
3歳頃から右脳の働きがとても活発になり、耳から入った英語をそのまま真似て口に出したり、言語習得にとても適している時期だと言われています。

 

英語で歌を歌ったり、体を動かしたり、絵を描いてみたり、ゲームをしたり、体をフルに使って英語を楽しみましょう。

 

“Turn around.”とただ言われるよりも、実際動きながら言ってみる方が分かりやすいですよね。動きと一緒に音もまねることで、記憶力のアップにも効果があるようです。

 

幼児期ならではの「遊び」の一つとして英語を体感することで、自然なアウトプットと「英語が楽しい!」という気持ちにつながります。

 

 

興味を持ち始めた「英語」、早く始めさせた方がいい?

幼児,英語,早期化

では一体いつから英語を始めるべきなのでしょうか。

 

英会話教室や通信教育など色々ありますが、4?5歳くらいから始めるケースが多いようです。
「うちはまだいいと思っていたけど、遅かったかな?」と思っている方もいるかもしれません。
英語を始める入口や方法は色々ありますが、始める時期はやはり人それぞれ。本来は遅すぎることも早すぎることもないと思います。

 

まずはお子さんの英語に対する興味や、やる気を見てみましょう。

 

 

「継続」は力なり!英語を楽しむ気持ちが続ける力に

幼児,英語,早期化

聴覚が優れている幼児期に、たくさんの英語に触れさせた方が、いわゆる「英語耳」を育てるメリットはあると思います。

 

しかし同じくらい大事なのは継続することです。

 

子供が興味を持ちやすいように普段から英語のCDを聴かせたり、幼児向けの英語番組を見せたり・・・そして、英語を少しでも多くふれるために、簡単な英語でも日常使ってみるようにししょう。

 

小学生から始めても、英語が分かっていくことが楽しくて、意欲的に取り組み、英語をもっとがんばりたい!という子もたくさんいます。
そこにあるのはやはり英語が分かる事が楽しい!という気持ち。
親にやりなさいと言われて始めるのではなく、自発的な学習意欲です。

 

いずれそんな学習意欲につながるように、楽しみながら英語にたくさん触れさせてあげたいですね。

 

まとめ

 

1 乳幼児期から英語に触れさせたい方は、まずは英語をたくさん聴かせましょう。
2 幼児期は体を動かしながら、英語を楽しみましょう。
3 英語を始める時期は人それぞれ。早い時期から始めるメリットはもちろんありますが、遅すぎる事はありません。
4 継続は力なり。英語が楽しい!という気持ちが続けるポイントです。

 

さあ、お子さんと一緒に「楽しい英語」を始めましょう!

 

 

スポンサーリンク