幼児英語 体験談

幼児期から始めた英語教育だからこそ、発音がネイティブ並みに!

幼児英語,自宅学習,英語教材,体験談

幼稚園の年中から英語を習い始め、今で4年目、小学2年生となるCさんの経験談です。

 

「英語レッスンは100分で長い方だと思いますが、しっかりと集中してできているようです。
家では、宿題のDVDを見たりCDを聞いたり、筆記をやっていますが、親がきちんとみてあげることが上達の鍵だと思います。」
と話すのは、Cさんのお母様。

 

英語に耳が慣れるために、できるだけ早い時期から始めた方がいいです

 

現在小学2年生のCさん
英語学習開始時期:年中

 

英語は言葉なので、できるだけ早い時期から始めてあげた方がいいと思います。

 

日本語と英語の発音は全然違うので、習い始まる時期が遅くなれば遅くなるほど、ネイティブからは程遠くなり、いわゆる日本語英語になってしまうんじゃないかと思います。

 

また、「英語=外国語、難しい」というような意識になってしまうと、まずは英語を受け入れること自体から苦労してしまう気がします。

 

だからこそ、うちは年中さんから始めましたが、幼児期から英語を始めるのは必須かな、と思います。

 

楽しい授業なら100分でも大丈夫

 

英語のレッスンは、100分コースに通っていて、初めはとても長く感じたようです。
小さい子に、100分は恐ろしく長いですよね。

 

でも慣れてくると「今日は、終るのが早く感じた」と言っているので、しっかり100分間集中できているようです。

 

レッスンは、子供が飽きないように、日常会話は体を使って覚え、ストーリーはじっくり読み進めて劇をしたり、ライティングもタイムを計ってやるなど様々な工夫をしてくれています。

 

子供向けの英語教室で、きちんと研究された上で教材や授業内も組み立てられているんでしょうね。

 

家では親が見てあげることが上達の鍵

 

毎週宿題も出て、DVDを見たり、CDを聞いてプリントを4日間やります。
その他に、ミニストーリーを読んで感想を書く宿題など、本当に充実した内容です。

 

それでも、子供に任せたままでは、やらずに忘れてしまったり、分からないところがそのままになっていたりします。
ここはやっぱり、親がどれだけ見てあげるかが、子供の英語力の上達の鍵かなと思います。

 

幼児や小学生で英語力がどんどん伸びているお子さんというのは、親も一生懸命なんですよね。
それは英語に限らず、ピアノでも書道でもそうかもしれませんが、子供は親に褒められればうれしいものですし、分からない時に聞けば教えてくれる親というのは貴重な存在だと思います。

 

子供にはしっかりとした英語力をつけてもらいたいと思っているので、私も親として一生懸命やっているつもりです。

 

ネイティブに近い発音で聞き取れないことも

幼児英語,自宅学習,英語教材,体験談

今年で4年目になりますが、とても発音が良く、親の私は聞き取れない時があり、いつも感心しています。

 

私はそれほどの英語力がある訳ではありませんので、話す英語はいわゆる日本語英語です。

 

やはり、幼児の頃から英語を習い始めたのが良かったのだと思います。
耳はしっかりと英語耳になっていますし、正しい発音ができているようです。

 

親の私も、少し誇らしかったりします。

 

小学生高学年になるど学校でも英語の授業がありますし、その時に、自信を持って英語の授業に取り組めるようになるといいな、と思っています。

 

上達度をはかる機会もしっかりとあります

 

英語を習っていると、感覚的に、上手になったな、と思っても、やはり試験などがないと安心できない部分もあります。
数字化してもらえると、上達度も明確になって、次につながります。

 

子供の通う教室では、一年に一回、筆記試験やネイティブの先生と面接の試験があったり、同じ教室に通っている生徒同士で発表会があるので、我が子がどのくらい上達したのかも、自分の目と耳で確認できるところが、とても良いところです。

 

子供自身が、今の自分の英語力について確認ができて、その上で今後の目標を立てられるのは分かりやすくて良いと思います。
意欲も掻き立てられますしね。

 

 

親への対応も満足度高い英会話教室

 

また、年に二回、個人懇談も行われます。
学校とは異なり、外部のこのような教室だと、個人面談まで行ってくださるところは多くないと思いますので、非常に満足度が高くなっています。

 

子供だけではなく、親への対応もしっかりしてくれて、わからないことは直接確認できます。
本当に他の教室にはない良い所ばかりなので、このまま中学受験をする時まで続けると思います。

 

下の子も、同じように英語に通わせたいと思っています。

 

 

幼児の英語教育のおすすめポイント

 

英語は、出来るだけ小さい時から聞いていた方が、耳も慣れ、発音も良くなります。

 

いざ小学校の授業で始めるよりも、小さい時から英語に触れていた方が、苦手分野にもなりにくく、聞く力が付きます。
また、英語が話せだけで、周りの印象も良くなり、とても自信が付いたように感じます。

 

将来的に考えても、英語は今以上に必要なものとなるのは分かり切っていますから、少しでも早く始めてあげた方が子供のためになると感じています。

 

 

スポンサーリンク