幼児向け英語教室 日本人講師 外国人講師 

幼児向け英会話教室の講師は、外国人講師と日本人講師 どちらを選ぶ?

幼児英語,自宅学習,英語教材

幼児向けの英会話教室に子供を通わせたいと思ったとき気になること。

 

英語が母国語の外国人講師? それとも日常の意志疎通が可能な日本人講師? 一番にどんな先生がいいだろうということ考えますよね。

 

15年幼児向け英会話教室で講師をやっていた私にとっても、とても興味深いところですね。では、それぞれの場合を見てみましょう。

 

外国人講師がいいの?

外国人講師が毎回のレッスンを受け持つ幼児向けの英会話教室があります。そして習っている生徒は殆どが英語を第二言語として習っていると思います。その場合、最初は生の英語に触れたことがなかったというお子さんも多いと思います。

 

幼児が外国人講師から英語を習うメリット1

 

15年程子供英会話講師として働いて見てきましたが、3歳位になったお子さんがいきなり外国人講師と会うと小さい子供ながらに「この人、なんか違うな」と不安感を覚えることが少なくありません。

 

しかしながら、身近なところで外国人と接する機会があると、小さいうちから世の中には日本人以外にも色々な人種(もちろん、人種という発想はまだ出てこないと思いますが。)がいて、色々な言葉を話す人たちがいるんだと思えるようになります。そうすると、大きくなってから道端で急に外国人に話しかけられたりしたときに緊張して逃げ出したくなる、といったことはなくなるでしょう。

 

外国人に対して恐怖感のようなものが無くなるというのは、外国人講師から習う場合のとても大きなメリットと言えると思います。

 

幼児が外国人講から英語を習うメリット2

 

英語を話せる日本人が多くなってきたと言えども、完璧に近い発音で話せる人がそれほど多くありません。幼い頃に海外に住んでいた帰国子女などでない限り、正しい発音をしっかりと学び得るというのは容易なものではありません。

 

そのため、英語を母国語とする外国人講師から直接英語を学ぶというのは、とっても良い機会になります。日本人にしか通じない英語、ではなく、世界中の人と自由に話せる英語を目指すなら、ネイティブスピーカーの生の英語で会話の練習ができることは、とても大きなメリットと言えます。

 

 

日本人講師だけでもいいの?

幼児英語,自宅学習,英語教材

現在数えきれないほどの子供英会話教室がある中で日本人講師だけでクラスを教えている教室も沢山あります。きっと日本人講師のみという場合の方が今は多いのではないでしょうか。

 

でも、日本人講師だけでも大丈夫なのかしら?と思うこともあるのではないでしょうか。

 

幼児が日本人講師から英語を習うメリット

 

まず、日本人講師は当たり前ですが日本人です。日本語が分かります。レッスン中の生徒同士のトラブルなどが起こった場合の状況把握や対処の仕方が早いでしょう。

 

そして、何につまずいていてレッスンの理解が遅いのかなどもよく分かると思います。

 

また、日本の英語教育事情にも詳しいでしょう。幼児から児童、そしてもっと大きくなるまで英会話を習うとしたら日本で受ける英語の試験についても詳しいのは日本人講師と言えるかもしれません。
【英検公式教材】英検が開発した子ども向けリスニング教材

ですから、日本人講師だからと言って敬遠することはないと思います。

 

幼児が日本人講師から英語を習う場合の注意点

 

そもそも日本人講師の場合、ハーフや長年海外で暮らした経験がない限り、英語が母国語(もしくは第二母国語)ということはないでしょう。そのため、講師の英語レベルがどのくらいなのか?というのは、初めに知っておくべき大きなポイントと言えます。

 

なので、体験レッスンを受けるときに、実際にその先生に習うことになるのかを確認するというのも大切な確認事項と言えるでしょう。稀に、体験レッスンと実際のレッスンでは全くレベルの異なる講師が受け持つ、ということもあります。

 

それから、幼児に英語を教えるために沢山の研修を受けて講師としての仕事を始めている人が多いとは思いますが、英語力自体に問題があるというのであれば論外です。いくら幼児相手と言えども、しっかりとした英語力があることは必須条件だと思います。

 

外国人講師と日本人講師の両方がいる教室

幼児英語,自宅学習,英語教材

子供英会話教室で外国人講師だけ、日本人講師だけ、と言う場合の他に外国人講師と日本人講師のどちらも居て両方が教えてくれる教室もあります。

 

外国人講師と日本人講師の役割分担

 

実は、私が教えていた教室もこのタイプです。外国人講師が主に「聞く」「話す」を、日本人講師が主に「書く」「読む」「試験対策」を教えていました。

 

いわゆる「聞く」「話す」という英会話は、外国人講師の生の英語で行う方が効果的です。そして、「書く」「読む」「試験対策」という日本語での説明が重要視される分野は日本人講師から習った方が理解が深まります。

 

このように、一言に「英語を習う」といっても、外国人講師と日本人講師で役割を分けることで、お子様にとってより大きな効果が期待できるのです。

 

幼児だからこそ保護者にとってのメリットも

 

生徒が幼児の場合、何かトラブルや悩み等が生じた時には自分自身で解決するのは難しく、保護者が教室側と相談をする、という機会が多いと思います。

 

私が教えていた教室では、外国人講師は日本語は殆ど話せませんでしたから、日本人講師が外国人講師と保護者とのコミュニケーションの橋渡しの役目もしていました。

 

外国人講師のレッスン中に何かトラブルがあったときも日本人講師が保護者の相談に乗ったりしていました。日本人講師も同じ生徒を教えていましたから、生徒のことを理解できた上で対処ができていました。

 

外国人講師だけだと保護者との意思疎通が難しいこともあるでしょうし、日本人の事務担当の方を通して相談をしてもレッスン中のことは把握されていない場合が多いと思います。

 

ですから、外国人講師と日本人講師の両方が教えてくれるというのは、保護者にとっても大きなメリットがあると思います。

 

 

まとめ

1、 小さい頃に外国の存在を知るのはとても大事なこと。色々な人種、言葉があるんだと自然と理解できることで世界が広がります。
2、 日本人講師も英語を教える力は十分に持っています。日本の英語教育事情にも詳しいと言えるでしょう。その上、経験も培っていれば鬼に金棒です。
3、 外国人講師と日本人講師が両方いると、お互いの強みを発揮しながら生徒を育てていくことができます。

 

子供英会話教室は、英会話や英語を教えてくれる所です。始めるときに、自分の子供に英語の何を習わせたいのか考えてから教室を選ぶのも一考です。最初から、後には試験を受けさせたいというのであれば日本人講師を選ぶのも良いですし、まずは、外国人に慣れてほしい、会話メインで行きたいなどの場合は外国人講師だけでも良いと思います。少し不安があるときは、外国人、日本人の両方が教えてくれる所を選べば両方の良い所を持ったレッスンを受けることができるでしょう。

スポンサーリンク