幼児 英語 DVD

幼児の英語、DVDとCDが効果的!自宅で毎日「英語のシャワー」

幼児,英語,DVD

自宅で使用する幼児向け英語教材は色々有りますが、メインの教材はDVDとCDでしょう。

 

幼児期の脳は、スポンジのように覚えたものをどんどん吸収していきます。
英語に関しても同様で、CDやDVDで英語を聞かせ続けることで、驚くほどネイティブの英語の発音がきれいにインプットされ、継続すると次第にその発音でアウトプットできるようになります。

 

そのような効果を狙って、自宅で毎日「英語のシャワー」を始めてみませんか?

 

 

CDをかけるだけでもOK?ママと赤ちゃんの「えいごはじめ」

幼児,英語,DVD

英語を聞かせるだけで始められるCDの教材は、低年齢から対象となっているものが多く有ります。

 

対象年齢が0歳からの教材は、まだ話せない赤ちゃんでもご家庭で一緒に楽しんで聞けるような英語の歌などがCDに収録されています。
早い方は胎教として聞かせている方もいるほどです。

 

アルクの「エンジェルコース」の教材のCDは、赤ちゃんにも聞かせやすい子守唄や童話の読み聞かせなどが収録されていて、お母さんと赤ちゃんのコミュニケーションとして英語を楽しめます。

 

またリラックス効果が高く、記憶力のUPにもつながると言われるモーツァルトの楽曲を使用し、落ち着いた環境で英語に取り組める内容になっています。

 

 

幼児が入り込みやすい!かわいいキャラクターで親しみやすい教材

幼児,英語,DVD

幼児期になると、やはり人気のキャラクターやかわいいキャラクターが出ていることで子供のお気に入りになることもあります。

 

もちろんそれだけで決め手になるというわけではありませんが、ご家庭でこれから英語を長く親しめる教材か、まずはお子さんの反応と、親子で一緒に楽しめる内容か確認してみましょう。

 

ベネッセの「ワールドワイドキッズ」は、しまじろうも登場しますが、「こどもちゃれんじEnglish」と違う点は、DVDやCDは全編英語の内容であるということです。
0歳?6歳が対象で、年齢やレベルに合った内容に分かれていて、本や英語玩具などの教材と連動しています。

 

またNHKのEテレでおなじみのキャラクターが登場する「えいごであそぼ プラネット」は、普段テレビで見ているお子さんにとってはとても入りやすいと思います。
内容もテレビで放映されているものと連動していて、DVD以外の教材も充実しています。

 

 

乳児から小学生まで、長く愛されるロングセラー教材

幼児,英語,DVD

「ディズニーの英語システム」は、だいぶ前に制作された内容もありますが、ディズニーのキャラクターや映画の一部分も登場し、子供も入り込みやすく、長年人気のロングセラー教材と言えます。
DVDやCDだけのインプットだけでなく、アウトプットできるシステムもあるので、長く活用することで英語力を高めることができるようです。

 

実際私の知人も「ディズニーの英語システム」を購入していて、やはり2歳くらいの子供がネイティブのように歌を歌っているのを初めて見たときは正直驚きました。
自分は英語が得意ではないけれど、子供には英語を低年齢から聞かせたい、という考えで購入していました。
車移動が多い生活だったので、車に乗る時は必ずそのDVDかCD、と習慣になっていて、歌の大好きだったお母さんが運転しながら一緒に歌っていました。

 

他の教材でもそうですが、保護者の方は指導する必要はありません。
自然と英語が耳に入ってくる習慣作りが、教材を活かす方法だと思います。

 

 

継続は力なり!自然な継続が力となります。

幼児,英語,DVD

CDやDVDで英語を聞かせ続ける、というと、とても簡単なような気がします。

 

しかし英語をインプットする上で大事なことは「継続」です。
どんなにいい教材でも、続けなくては残念ながら意味がありません。

 

当初は毎日聞かせていたけれど、だんだん年齢が上がってきて、興味が色々違うものに向かうようになると、教材から離れてしまったというケースもあります。

 

継続しよう!と意気込むよりも
・ 日常生活の中で自然に英語を耳にする環境を作る
・ 子供が楽しくて「また見たい!」「また聞きたい!」と思わせる教材を使用する
・ 歌ったり、読み聞かせをするなどして保護者も一緒に楽しむ
やはりそういった生活の中に自然に取り入れていくことが、継続できるポイントです。

 

 

まとめ

 

 

・ 英語の聞き流しは赤ちゃんからでもできます。
親子のコミュニケーションとして英語のCDなどを楽しみましょう。
・ 英語教材のかわいいキャラクターが幼児をひきつけることもあります。
お子さんが好きなようであれば活用するのもいいでしょう。
・ ロングセラー教材も長く活用できるかは使い方次第です。
・ 習慣の中に英語を取り入れ、継続して楽しみましょう。

 

幼児期の「英語のシャワー」は、聴覚の黄金期だからこそ継続してあげたいものです。
ぜひ効果的にDVDやCDを利用して、親子で英語に触れる習慣を身につけていきましょう。

スポンサーリンク