生理不順でも妊娠できる?!妊娠の兆候はどんなこと?


生理不順体質で妊娠した場合だと、生理の予測ができないので生理が遅れているのか妊娠しているのか分かりにくいですよね。

今回は、一般的に見られる妊娠の兆候や私が妊娠に気づくきっかけになった兆候についてお話したいと思います。

一般的に見られる妊娠の兆候


下記は、一般的に見られる妊娠の兆候です。必ず起きるという訳では無く全く症状が現れない人や、程度に重い軽いがあるなど個人差があります。

着床出血・腹痛

生理予定日より数日前に微量の出血をする事があります。受精した卵子が子宮に着床する時に見られる出血です。生理と症状が似ていますが、長くて3日程で出血が止まるのでいつもより短いなと思ったら検査薬で調べてみましょう。

また、医学的には証明されていませんが、着床した際にチクチクとした痛みを伴う事もあるそうです。

味覚・嗅覚の変化

今まで食べられたものが急に食べられなくなったり逆に苦手だったのに好きになったり、臭いに敏感になって気持ち悪くなったりする事があります。

私は一人目妊娠の時は冷やし中華やインドカレー、二人目妊娠の時は担々麺が食べたくて仕方なくなりました(笑)

吐き気(つわり)

生理予定日を過ぎても吐き気を感じる場合、妊娠初期症状の可能性があります。私は妊娠2~3カ月目の頃食べていないと気持ち悪くなる食べつわりがありました。

臭いに敏感になり、電車やバスの中が苦手になった時がありましたがハンドタオルに自分の気に入った香りをつけてそれを口に当てる事で対策しました。
スポンサーリンク

貧血

お腹の赤ちゃんは母親の血液から栄養が運ばれ育っていきます。赤ちゃんへ優先的に鉄分が運ばれるので貧血になりやすくなります。貧血の症状が重くなると赤ちゃんにも十分な栄養を運べなくなり早産や胎児発育遅延などに繋がるのでおかしいなと思ったら早めに医師に相談しましょう。

頭痛

妊娠が成立すると血管拡張作用のあるプロゲステロンの分泌量が増えて片頭痛に繋がりやすくなるようです。月経前症候群でも頭痛が起きる人もいるので、違いを見分けるのは難しいですが、妊娠を望んでいる場合は特に自己判断で頭痛薬は飲まず、念のため医師に診てもらいましょう。妊娠の可能性を伝えれば妊娠中でも使用できる薬を処方してくれます。

肌荒れ

ホルモンバランスの乱れからニキビができたり、肌にかゆみを伴いカサカサしたりする症状が出る人もいます。ただ生理前の症状として現れる女性も多いのでこれだけで判断するのは難しいです。

トイレに行く頻度が増える

妊娠すると膀胱の働きが活発になり頻尿になりやすくなります。私も妊娠後期ですがさっきトイレに行ったばかりなのにまた行きたくなるという事が多かったです。

むくみ

妊娠すると赤ちゃんの血液を確保する為や栄養を送る為に常に血液が多い状態になります。急激な働きから腎臓の働きが追い付かなくなり浮腫みやすくなります。

情緒不安定

妊娠した事による体調の変化や、ホルモンバランスの変化などから情緒不安定になりやすくなります。しかし、これも月経前症候群でも現れるので変化に気づきにくい事が多いです。

乳房の張り・痛み

妊娠によりホルモンバランスが変わり、乳腺や乳管が母乳の生成の準備を始める為胸の張りや痛みを伴う事があります。胸が張る時期や程度には個人差がありますので、他の症状と合わせて確認するのが良いでしょう。

腰痛

赤ちゃんを産む準備として骨盤の関節や靭帯を緩める働きから痛みを伴う事もあるようです。私は妊娠後期によく腰回りがピキピキと痛みが走り歩く度に痛むので横になっている事が多かったです。

眠い・だるい

眠りづわりとも言われている症状です。黄体ホルモンが増加している事や、ホルモンの増加に体がついていけずに起こる症状と言われています。二人目妊娠の時は初期から後期までずっと眠い体質でした。家族からも「ずっと寝てたよね」と言われた程です(笑)

妊娠したかも?と思った兆候


下記は私が妊娠に気づくきっかけになった兆候です。

熱っぽさ

なんとなくボーっとする事が多くて、熱っぽさを感じていました。熱っぽさを感じてから基礎体温を測り始めましたが、高温期に見られる体温になっていました。

胸の張り

生理前後は胸が張るタイプなのですが、いつもは胸が張ると2日~3日後には生理が来ていたのに2週間以上来ないので念のためで妊娠検査薬を使ったら陽性反応が出ました。

お腹がチクチク

針で刺されているようなチクチクとした痛みがありました。生理痛だと思っていたのでなかなか来なくておかしいなぁと思っていました。

喉が渇く

胸の張りを感じる同時期に喉の渇きが異常にありました。炭酸を欲して、ジュースだと糖分が多いので炭酸水をよく飲んでいました。

生理なのか妊娠なのか見分けるには?


基礎体温を測って2週間以上高温期が続けば妊娠の可能性があります。生理の場合、15日程高温期が継続したあとカクンと体温が下がりますが、妊娠した場合はそのまま体温が下がりません。稀に一時的に下がる事もありますが、妊娠していた場合は再び体温が上がります。

まとめ…妊娠の兆候と生理との見分け方は?

1.一般的に見られる妊娠の兆候は、味覚の変化、貧血、眠いなど症状は10種以上さまざまにある。月経前症候群と間違えやすいのでいくつかの症状と合わせて確認してみた方が良い。少しでも心配な場合や症状が辛い場合は我慢せずに早めに医師に相談をしよう。
2.私が妊娠に気づくきっかけになった兆候は、熱っぽさ、胸の張り、お腹の痛み、喉の渇きなどでした。一つの症状だけでなく合わせて色々いつもと違う点があった為、妊娠したのかなと感じる事ができました。
3.生理なのか妊娠したのか見分けるには基礎体温を測る事です。稀に一時的に体温が下がる事もありますが、妊娠していた場合再び体温が上がるので基礎体温が妊娠したかの判断材料となります。

上記以外に妊娠を感じたのは不思議と「妊娠したと思う!」という確信に近い勘が働いた事でした。女の勘って自分にも当たるものなのだなぁと驚きました。